ページの先頭です

肉離れ

こんにちは、かなえ整骨院です。

 

このところ肉離れで来院される患者さんが続いたので、

今日は肉離れについてまとめてみたいと思います。

 

 

肉離れとは、急激な筋の過伸長、筋の過大な自動収縮(特に遠心性筋収縮)

などによって発生する筋腱移行部の筋繊維または筋膜の部分断裂、過伸長、出血

と定義されます。

 

肉離れは二関節筋に多く、

ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)が最も多く、

腓腹筋、大腿四頭筋、股関節内転筋群がこれに次ぎます。

ハムストリングスの肉離れは陸上競技の短距離やサッカーに多いのが特徴です。

テニスのサーブに特有な膝伸展、足関節底屈回外位より

急に背屈を強制された際に起こる腓腹筋の肉離れは「tennis leg」と呼ばれます。

 

肉離れの危険因子としては

①筋疲労、②先行する筋損傷の存在(要は再発)、

③適正なウォーミングアップの欠如、

④筋の柔軟性の低下、⑤電解質の枯渇、⑥主働筋と拮抗筋の筋力のアンバランス

などが考えられます。

 

肉離れは損傷の程度により3段階に分類されます。

Grade1は自発痛、圧痛を伴った軽度の違和感や軽い腫脹がある。

Grade2は断裂部に軽~中等度の欠損があり、疼痛のために歩行に支障をきたす。

Grade3は中等度~重度の欠損を損傷部に触知できる。

(標準整形外科学より抜粋)

MRIを用いた肉離れの重症度分類(Boutinらの分類、奥脇らの分類)もあるそうです。

 

治療法は、損傷初期はRICEを行い、

急性期が過ぎたら関節可動域訓練、ストレッチング、

筋力強化などを徐々に行っていきます。

 

栄養療法としてはBCAAやグルタミン、Fプロテインの摂取も治癒を促進するそうです。

 

 

怪我は放っておいても治ります。

しかし、適切な処置を行わないと再発のリスクが高まります。

肉離れは痛みが治まったら「はい、終了!」というわけにはいかないのです。

自己判断は危険です!!しっかり治療していきましょう。

当院の場所は東武東上線「中板橋駅」より徒歩3分!

〒173-0021 東京都板橋区弥生町28-1 コーポグレイシャス103

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(03-6886-2632)

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

症例コラム

エキテンの口コミはこちらから

症状別解説

サイトメニュー

当院について

外観

所在地
〒173-0021
東京都板橋区弥生町28-1
コーポグレイシャス103
アクセス
東武東上線中板橋駅より徒歩3分
電話番号
03-6886-2632
※初めての方は電話予約の上お越しください。
診療時間
8時半~12時半/15時~20時
定休日
木曜日・ほか不定休

メールでのお問い合わせ